枚方市の不動産|株式会社パーフェクトホームズ > 株式会社パーフェクトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしに適した賃貸物件の間取り!ワンルームと1Kの違いとは

一人暮らしに適した賃貸物件の間取り!ワンルームと1Kの違いとは

カテゴリ:賃貸

一人暮らしに適した賃貸物件の間取りとは?ワンルームと1Kの違いも解説!

一人暮らし用の賃貸物件を探す際には、ワンルームや1Kの間取りを勧められることが多いと思います。
しかし実際には、ワンルームと1Kだとどちらが住みやすいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ワンルームと1Kの違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一人暮らし向け賃貸物件の間取りであるワンルームと1Kの違い

ワンルームと1Kはどちらも一人暮らしに適した間取りとして紹介されますが、その明確な違いは「部屋が区切られているかどうか」です。
ワンルームは部屋が1つで、仕切りがなくすべてつながっています。
キッチンも部屋のなかにあり、玄関やリビングもすべて一体になっている間取りです。
一方、1Kは居室とキッチンが別々のスペースにあり、間がドアや引き戸で区切られています。
キッチンの位置や形は物件によって異なるため、内見の際にしっかりチェックしておきましょう。

賃貸物件の間取りで一人暮らしにおすすめのワンルームの特徴

ワンルームは仕切りがないので部屋に開放感があることや、設備が1つの部屋のなかにあるので生活しやすいことなどがメリットです。
また、エアコンの風が部屋全体に行き渡るため「キッチンだけ暑い」ということになる心配もありません。
そのほかにも、掃除が楽なことや家具をレイアウトしやすいことなどがメリットとして挙げられます。
家賃も安い物件が多いため、月々の出費を抑えたい方や普段あまり料理をされない方におすすめの間取りです。
その反面、キッチンで調理した際のにおいが部屋に充満しやすいことや、お風呂・トイレの音が響きやすいことなどのデメリットもあります。

賃貸物件の間取りで一人暮らしに人気の1Kとは?  

1Kのメリットは、キッチンスペースと生活スペースを明確に分けられることです。
調理中のにおいが部屋に充満する心配がないだけでなく、キッチンスペースに食器棚や冷蔵庫などを配置できるので生活スペースを広く使えることなどのメリットがあります。
料理をする頻度が高く、キッチンを効率的に使いたい方におすすめの間取りです。
ただし、キッチンの暑さ・寒さ対策が必要なことや、ワンルームに比べると家賃が高めに設定されている物件が多いことなどはデメリットになります。

賃貸物件の間取りで一人暮らしに人気の1Kとは?  

まとめ

一人暮らし用の賃貸物件だとワンルームや1Kの間取りが向いていますが、その2つの違いについては事前によく確認しておくのがおすすめです。
それぞれの間取りの特徴やメリット・デメリットを比較したうえで、どちらがご自身に向いているのか慎重に検討してみることが大切です。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸オフィスに多目的スペースを設置するメリットは?ポイントもご紹介!   記事一覧   オフィスの賃貸契約時に確認したいインフラの整備状況を解説!|次へ ≫

改田 享 最新記事



改田 享

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る