枚方市の不動産|株式会社パーフェクトホームズ > 株式会社パーフェクトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 事業用賃貸物件の保証金解説:用途、相場、返金条件まで徹底ガイド

事業用賃貸物件の保証金解説:用途、相場、返金条件まで徹底ガイド

カテゴリ:賃貸借契約

事業用の賃貸物件でよくある「保証金」とは?相場もご紹介!

事業展開に際して避けられない初期投資の一つに、賃貸物件の保証金があります。この保証金は、賃貸契約の際に特に重要視される部分で、多くの借り手にとっては大きな出費となります。この記事では、事業用賃貸物件における保証金の目的、相場、そして返金の条件について詳しく解説します。これから事業用賃貸物件を検討されている方は、この情報を参考にしてください。質問や不明点があれば、いつでもお問い合わせを。

弊社へのお問い合わせはこちら

保証金とは何か、そしてその役割

事業用賃貸物件の保証金とは、賃貸契約を締結する際に借主から貸主に預けられる保証の金額のことです。この金額は、物件の原状回復費用や、賃料の滞納が発生した際の担保として機能します。消費税はかからないため、敷金と本質的には同じ用途で使われますが、事務所や倉庫などの物件では敷金と呼ばれることが一般的です。一方で、貸店舗などでは保証金という表現が用いられることが多く、金額設定の基準も異なります。
保証金が返ってくる時期は、基本的に、原状回復などが完了し貸室を返すときです。
ただし、個別の特約条項により返金時期が設定されているケースもあるため、重要事項説明の際に確認しましょう。
返金額は、保証金から、退去時に無条件に差し引かれる費用である「償却費」と原状回復をするためにかかった費用を差し引いた金額になります。
償却費の相場は、保証金の10から20%程度です。

保証金の相場とその計算について

たとえば、事業用に使われる場合、内装工事・電話工事などがされている場合が多く、原状回復の負担が大きいのです。

保証金の相場は、物件の種別によって大きく異なるものです。例えば、貸店舗では賃料の3~10か月分が標準であり、貸事務所や貸工場・貸倉庫では1~3か月分が相場です。物件の広さに応じて保証金額が決定されることもあり、特に大規模な物件ではより多額の保証金が要求される傾向にあります。このように、保証金は事業用途の特性と使用に伴う潜在的リスクを反映したもので、事前に明確な計算基準を把握しておくことが重要です。

 事業用賃貸物件でよくある「保証金」の相場をご紹介!

まとめ

事業用賃貸物件の保証金は、物件利用の安全を保証するための重要な要素です。保証金の相場理解、計算方法、そして返金条件の把握を通じて、賃貸契約における不確実性を減らし、事業のリスク管理に役立てることができます。当社は、賃貸や不動産の専門知識を駆使して、お客様が安心して物件を利用できるよう全力でサポートします。事業用賃貸物件に関する疑問やニーズがあれば、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|土地活用の新展開:アパートVSマンション経営の違いとは?メリット・デメリットを徹底比較   記事一覧   最新トレンド: シェアハウス経営で土地活用!初期費用からメリット・デメリットまで完全ガイド|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る