枚方市の不動産|株式会社パーフェクトホームズ > 株式会社パーフェクトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸借契約における自主管理のデメリット

賃貸借契約における自主管理のデメリット

カテゴリ:賃貸借契約 自主管理

賃貸借契約における自主管理のデメリットとは?

管理会社と委託契約を結ばず、賃貸借契約を自分でしたいと考える賃貸オーナー様もいらっしゃいます。
今回は、自分で作成する場合の項目とデメリット、そもそも賃貸借契約とはなにかを解説します。
賃貸管理や賃貸経営を始めようとしている方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

自主管理で必要な賃貸借契約書とは?

賃貸借契約書とは、入居者に守ってもらうルールを書面化したものです。
賃貸物件を貸し出す際に、契約書と重要事項説明書を交付します。
「聞いた、聞いていない」なども揉めごとを防ぐために、必要です。
重要事項説明書とは、契約前の確認書類のことです。
自主管理の場合、交付しなくても良いとされていますが、不動産会社の場合は、宅建士による交付をしなければなりません。
しかし、借主と貸主双方の勘違いを防止する役割を持っているため、必要ではありませんが、交付しておくことがおすすめと言えます。

自主管理で賃貸借契約書は自分で作成できる?記載項目は?

賃貸借契約書は、法的効力を持っていますが、私文書の一種に含まれます。
そのため、特別な資格が必要なく、自主管理で自分で作成することが可能です。
しかし、記載されている内容に誤りや抜けがあると、あとからトラブルに発展するケースがあります。
契約書で必要な記載項目は、物件情報や残置物、設備はもちろん、契約期間や借家契約の種類、金銭の取り決めなどです。
また、貸主と管理者の情報や入居者や連帯保証人の情報、解約や違約金事項、ハウスクリーニング条項などの特約が必要です。
たとえば、退去時のハウスクリーニング費用負担は借主となるなどの特約は、記載をしなければ、トラブルに発展します。
なかでも退去時の原状回復で近年、トラブルが発生していますので注意しましょう。

自主管理で賃貸借契約書を自分で作るデメリットとは?

デメリットは、作成には、手間がかかったり、ミスをしてしまいトラブルになったりするリスクがある点です。
法的効力を持っている書類のため、ミスや漏れがあると賃貸オーナーが不利な立場になる可能性があります。
そのため、自主管理をおこなう場合は、契約書をチェックする専門家が必要です。
また、管理委託と違い、物件ごとの特約など何を追加して良いか自社管理の場合わかりません。
内容などインターネットなどで調べたりしても、内容を把握できなかったり、認識間違えをしていたりすると、不利な立場になることもあるでしょう。

自主管理で賃貸借契約書を自分で作るデメリットとは?

まとめ

自主管理で賃貸物件を運営する場合は、専門知識のない場合、リスクが伴うため、おすすめできません。
賃貸借契約書は法的効力を持っているため、あやふやな記入をしてしまうとトラブルに発展する可能性もあります。
デメリットを把握したうえで自社管理するのかを検討しましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建てでインターネットを契約する方法!選び方や開通までの期間をご紹介します!   記事一覧   分譲賃貸とはどんな物件?一般物件との違いやメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

改田 享 最新記事



改田 享

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る