枚方市の不動産|株式会社パーフェクトホームズ > 株式会社パーフェクトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の最上階に住むメリット・デメリット!暑さ対策も解説!

賃貸物件の最上階に住むメリット・デメリット!暑さ対策も解説!

カテゴリ:賃貸

賃貸物件の最上階に住むメリット・デメリットとは?暑さ対策も解説!

賃貸物件で暮らす場合、部屋の階数によっても住み心地は変わります。
なかでも最上階の部屋は人気が高く、検討している方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件の最上階に住むメリットとデメリットを解説します。
最上階に住むうえで欠かせない暑さ対策もあわせてご説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の最上階に住むメリットとは

最上階のメリットは、まず見晴らしが良い点です。
最上階だと周囲に視界を遮る建物もあまりないので、開放感のある眺望を楽しめるでしょう。
物件によっては、最上階から山や海が見えることもあります。
また、周囲に建物がないことで、風通しや日当たりが良好なのも利点です。
湿気がこもりにくいので、必要以上にカビ対策に気をつかう必要はありません。
ほかに、上階からの騒音の心配がない、防犯性が高いなどの利点もあります。

賃貸物件の最上階に住むデメリットとは

最上階のデメリットは、まず災害時に影響を受けやすい点です。
最上階は小さな地震でも揺れが大きくなるので、家具を固定するなどして備えておきましょう。
避難時も、エレベーターが使えなくなると移動に手間がかかるので、逃げ遅れてしまう恐れがあります。
くわえて、最上階はほかの階よりも家賃が高めに設定される傾向にあります。
高層であるほど価格差は大きくなり、最上階に価格ほどのメリットを感じられない方にはデメリットに思えるでしょう。
さらに、最上階は直射日光を受ける屋根から熱が伝わりやすく、夏場に室温が上がりやすいです。
真夏は冷房を使用していても、なかなか涼しくならないケースも少なくありません。

賃貸物件の最上階に住むうえで大切な暑さ対策とは

暑さ対策においては、室内の空気を循環させるのが大切なポイントです。
風通しの良さを利用して、適度に換気をおこなうのも良いでしょう。
冷房の効率を上げたい場合は、サーキュレーターなどを設置して空気循環を促すのもひとつの方法です。
空気を循環させることで、熱気を分散し、暑さを軽減できます。
また、窓から入ってくる直射日光を遮るのも大切です。
カーテンを遮熱性・遮光性に優れたものに変えれば、光や熱を遮断して、部屋の空気を一定に保てます。
これだけで劇的に涼しくなるわけではありませんが、冷房の効きが悪い場合などに試すと良いでしょう。
窓ガラス自体に遮熱・遮光フィルムなどを貼り付けるのもおすすめです。

賃貸物件の最上階に住むうえで大切な暑さ対策とは

まとめ

以上、賃貸物件の最上階に住むメリットとデメリットを解説しました。
最上階は眺望が良く、日当たりが良いなどの利点がありますが、災害時のリスクや家賃が高いなどの懸念点もあります。
また、最上階で暮らす際には、換気や遮熱・遮光などの暑さ対策が必要です。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件に一人暮らしで住むならオートロックが必要?気になるポイントも解説   記事一覧   一戸建てでインターネットを契約する方法!選び方や開通までの期間をご紹介します!|次へ ≫

改田 享 最新記事



改田 享

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る